› 風と尾っぽ › 2018年03月05日

2018年03月05日

No more Hiroshima

今日は 久しぶりに
日曜日に 休日をいただき

充電するために 新幹線にのりました



久しぶりの あねちゃんとの旅行
30年以上ぶり❓



広島駅 下車

父の ふるさと



実は カワイイ 姪ちゃん
何かの 縁にいざなわれて
その 広島へ 嫁ぎ ・・・

初々しい カップルにいざなわれ
本当に 久しぶりに
父のふるさとに 降り立ったのでした



広島の 路面電車 カワイイと
はしゃぎながらも

私が 行きたいのは 、、、、



あの日



そう

あの日に



私の 充電は 原爆ドーム

父のふるさと 広島の
世界中が 忘れてはならない 過去



若夫婦が つきあってくれました

まじめな顔して ずっとついてきてくれた
うん いい若者たち
しあわせにね ずっとずっと



ドームにここまで 近づいたのは
初めてかも
黒く そそりたつ



さらに 近くに



ここまで 近づくと
たくさん 見えるものが

すっからかんの中味
荒れるガレキ
時の流も におわせながら

しかし 花は咲いていた



父は 戦争の時 兵隊さんだった
そして 原爆が落ちたあと
衛生兵として 負傷者をみたという
小さい頃から その話を聞き続けて
私は 戦争を 考える子供になった
「なぜ 争いは おこるんだろう」
そうやって 育った私は
社会科の教師の資格を取った
戦争や 原爆の本は
たくさん読んだ

これは 生徒を抱く 教師の像

奉仕作業中に ひとクラスで被災し
負傷した生徒を大勢連れ
自身も重傷で逃げ惑い
最後は 生徒たちを抱きしめて
こと切れた 教師の話を
思い出した

忘れてはいけない この痛み
忘れてはいけない 父の経験
忘れてはいけない 何年たっても



戦争は 人の心の中でおこるから



これは 充電
そう 私が生きている意味を問い直す

戦争は 人の心の中でおこるから

これは 充電
心の お世話

どんなに科学が進んでも
どんなに技術に自信をもっても
どんなに他人から評価されても
他の人への 敬意がなければ
他の命への 配慮がなければ
この世は とても あぶない世界になる

No more Hiroshima
2度と 戦争はおこしません
忘れません
他人事ではなく
自身の心を 育てます
人に 親切に伝えます

動物をしあわせに しながら
人にも 親切に アプローチします

命について 心について
謙虚に学びます 自分の頭で



さて 今回の目的の
もう ひとつは これ

折り鶴



オバマ大統領が 折った鶴

平和の実現に 一歩近づいたのに
いまは また 三歩下がりましたね

また 一歩でも 明るい方へ
進めるよう
みんなの 心に 平和の折り鶴を
おりましょう

オバマ大統領の 折り鶴
会えて良かったです
オバマ大統領 心を ありがとうございました



原爆資料館 原爆ドーム
外国の方々も 真摯に むきあって
おられました
国籍はさまざま けれど
流れる 空気が

深く
清清しい 広島訪問でした



広島の 町の キリンなど みつけながら
心 新たにした 訪問でした












  


Posted by Positive Wind at 01:35Comments(0)