› 風と尾っぽ › 介護

2017年09月19日

少しずつ

昨日は 敬老の日 だったんですね
姉と いっしょに 病院に 母を見舞いに行き

連休だという意識はあったけれど
大勢の 見舞客などもあり
「ああ 今日は 敬老の日」だね
と 姉と合点する

町内会で もらった ひよこの
お菓子を 母に食べてもらう
せっかく 町内会から箱詰めしてもらい
中に 敬老の日 おめでとう などと
カードが あるが
それは 母に 見せない
一生懸命している人は 「せっかく」などと
いうセリフを いうだろうが
当の母からしたら 「せっかく」では
ないから

「せっかく」喜ばせようとしたのに
「せっかく」頑張ったのに
最近 私のなかに ある
「せっかく」 に 疑問
あくまでの 当事者よりではない
気遣い
「やりたい」 その人のための

生涯で 一番大きな 「怒り」の 発作が
出た あの時
私たちは ケーキを用意して
母に お誕生日の 歌を歌って
プレゼントをして
母は 気弱に 笑って
「私は いくつに なったの」と
言った
「84才」「わたし84才?」
とても 驚いて 嬉しそうじゃなかった
ただ 私たちに あわせて 楽しそうにしていた
しばらくは・・・・

残酷なことをしたんだね 今なら わかる
あれから 母の お誕生日は祝っていない
そういえば
ずっと 薄く笑って 嬉しそうじゃなかったな
お誕生日って
男性と 感覚が違うね って友人と話した
なぜか 身近な人には 気持ちを押し付ける

疲れてしまって
「包容力」がなくなる 時があるのに

お正月は 祝った翌日には すっかり忘れていた
あの時は わたしたちが しょんぼりしたんだよ

あれから 2年はたったね
大きな パーティはしないままだね

あれから 何も 言わずに 母には
楽しいことを してもらいたいと思う

会った その時その時で良いと思う
姉と私が そろうと さらに 喜んでくれる
父が ずっと船に乗っていたから
ずっと 3人で暮らしたもんね

「お姉ちゃんが お姉ちゃんらしくなったね」
嬉しそうに それを 何回も 言ってた
そうだね そう思うよ




今日 急に 年をとった感じ・・
少しずつ 弱るのかな

母の 目に 目やにがついている
ティッシュで それをとる
右側に かたむいて ゆるんでいる感じ
ちょっと 運動を促したりするが
まっすぐ すわることは なかった

姉と 小声で話す
「急に きつそうになった?」
きついよね
ゆるむよね

母しか わからない 世界に
一人で 歩いているんだよね

年齢を 重ねるって そうなんだよね
その人しか わからない世界に
孤独で いどむ

それでも 相変わらず かわいい笑顔を
むけてくれる
おかあさん カッコいいよ

少しずつ 少しずつ
ゆるんでいく
体も 心も
私たちをみて しあわせそうでは
いてくれる が
かわいい笑顔でいてくれる が

また 会いに来るよ お母さん
どうか なにもかも 忘れる お母さんの時間が
よいことばかりで うまりますように


  


Posted by Positive Wind at 17:52Comments(0)介護

2017年07月26日

一生懸命 て いうのは きついことです

「いっしょうけんめい て いうのは きついことです」
  今日 母の顔をみに 病院に行った時の
    母の ひとこと

母の ことばは 奥深い
  いろいろ 忘れている母だけど
    なにもかも 忘れているわけではない
神様が なにかを プレゼントして
  くれる この 貴重な 時間
    あなたも 介護 しませんか?

「いっしょうけんめい て
いうのは きついことです」



もしも いま いっしょうけんめいで
  きゅ~~ って 心が 
    鳴いている人が いたら




ちょっと お口を ゆるめてみましょう
  舌を 思いっきり出すんでもいいかな?

顔の 体操


きゅ~~



ゆる ゆるっ



にぱぱっ

どうでしょう?

先日は
 「さみしい」って
  言われたicon41
きゅうぅ~~~icon10

そしたらね そしたらね

動くのも とっても いいよ



おともだちとでも ひとりでも ね



口角が きゅ~~  って あがるよicon06

好きなことを するのも おすすめ

はなちゃんは 水遊び



ちゃぱ ちゃぱ





にぱぱ

どうでしょうface02

icon112笑顔は 魔法の一つ
自分の空気は まわりに 影響する
笑顔は まわりに たくさんの幸福の種を蒔きます
ニコニコすることは 前向きでいるとか そういう
狭い意味ではありません
自分と まわりの 健康のために
今日の保育園のわんわんたちに
癒されてくださいね♪icon111





  


Posted by Positive Wind at 18:45Comments(0)介護

2016年07月05日

介護のフルコース




我が母

遠距離での介護
同居での介護
救急搬送
パニック
入院
さていろいろあるもんだ

思っていたら
入院先から骨折しての
転院
あら転院
骨折
やっちまったです
気をつけてきた
骨折
で 認知は進みつつあり
(同居の時の骨折でなくて
良かったのかな・・・・
まあ比べても仕方ないけど)
ほんとうはゆずを看取ったように
母も家で看取る気はまんまんでしたが
やはり人間の重みはそうもいかないのか
ただ本人はすべてが望んでいないことなので
かわいそう感はいなめません

あら
よくかんがえたら
介護のフルコースだわ
と 思えば少し楽しくもあり

フルコースを堪能するならば
前向きに学ぼうとばかりに

せっかくならば
専門学校で教えている
行動分析学の応用が
まだ認知症の介護の中ではそれほど
周知がないようで
ぜひ 前向きに
学ぶために 同志社大学でのセミナーを
受けてくることにしました

帰ってきたら ぜひ お勉強の結果を
お知らせをしようかと
セミナー計画をしますから
わんちゃんを育てながら
親の介護も始まっているという
私と同期あたりのお客様がた
こうご期待♪です♪

入退院やお引越しの混乱の時に
JAHAのおかげさまで学ばせていただいた
アニマルセラピー(お医者さんなし)
もしっかり併用しましたし
動物を正の強化と負の弱化で育てているわが教室のお客様たちには
楽しい応用も満載のお話になるかなあ・・・
  


Posted by Positive Wind at 10:51Comments(0)介護

2016年04月13日

生きていくって大変だねぇ

現在、要介護3の母を引き取って介護生活に入っています
たいていは ごきげんのいい かわいい認知ですが
ときどき 感情がたかぶって失敗してしまうことがあります
あくまでも本人的に失敗なんでしょうが

その時に凹んだ母が 私にいうひとこと

もう死にたい
お父さんがむかえに来ない
というのもよく言いますが

へとへとになって疲れて
ベッドに寝込んで
「まあ みゆきちゃん 生きていくって大変だねえ」

なんか かわいいですよ
笑ってしまいます
「ほんとだねえ」
「生きていくのは大変だね」
そうこたえながら 母の福祉を考えます
何が 母にとって しあわせなのか

いま 私が母にできることは
母が苦労しない 良い医療と 良い環境を
プレゼントすることだと わかりました。

それは いままで ずっと 
動物のために 勉強をしてきたこと

物言わぬ 生きとし生きるもののために
心をくだいて 努力をしていると
自分自身の人生に 思わぬプレゼントをもらうんだなあ
・・・・・・




ということで
今年の福岡県獣医師会から発行された
「絆」14号は
動物の介護や看取りもテーマになっていますので
どうぞ お手にとって読まれてください
動物愛護センター・保健福祉環境事務所・動物病院等にも
おいてありますが
当教室にもおいてあります 一声お声掛けくださいませ
ポジティヴウィンドのインストラクターの二人が
14年間かかわっています。
  


Posted by Positive Wind at 15:13Comments(0)介護