› 風と尾っぽ › 2016年06月

2016年06月23日

あの日のそら


あの日



あの日
水を味方にした
風を味方にした

土の神様に祈った

深く呼吸をした
この若者の前途が光で包まれますように
大きな背中に祈った
光があらわれ
それは 祈りが終わるまで
その空間をつつんでくれた

神様だったと
私は思っているのです
PWはもうすぐ結成10年をむかえます

県の動物愛護センターで出会わなければ
はじまらなかった代表森竜一との日々
ただひたすら 働いて
多くの協力者に恵まれ
あり がたい
それ以上の言葉がないのです

うまれてよかったです
ありがとう お母さん
  


Posted by Positive Wind at 20:05Comments(0)PW史

2016年06月08日

ふわふわ 尾っぽ



ふわふわ尾っぽ
神様からいだたいた
背中で
くるくる
ふわふわ
揺れるとき
それは
パパとの楽しいデイト

その尾っぽは
たいてい
上向きに巻いている
背中でくるくる
カタツムリを
描く
そして
人間の女の子の
縁日のゆかたのちょうちょ結びのように
しあわせを振りまいて
揺れるんだ



ママの笑顔を見ると
くるんくるん
いつもより華やかに

見えないけれど
金色のシアワセの粉が
世界中にあふれるんだよ

生まれる前に
神様にいわれたの
キミには特別
ふわふわのよくまわる
金色の尾っぽをあげるから
正直でいていいんだよ
思いのままを尾っぽで表現するんだ
そして楽しいことは楽しいと
伝えるんだ
パパとママと世界中に
幸福の種を蒔くんだよ



だから
アタシがこの自慢の尾っぽを
後ろ足のあいだに隠してしまうのは
よっぽどなのよ
神様に申し訳ない
残念な気持ちなの
とても大切な宝物を
恐いことから守るのよ



*今日の雨の日のお父さんと柴犬さんのお散歩をみて
妄想した詩です。
尾っぽについての妄想を、私は常にしています。
保育園でわんたちと触れ合うときに
「いいねぇこの尾っぽ神様がくれたとよね~~」
などと。。。。。
詩にまとめたのは初めてです。今日出来たてのほやほやでした。

犬のしつけ方教室・犬の保育園 Positive Wind
インストラクター 福島みゆき
  


Posted by Positive Wind at 18:33Comments(3)