› 風と尾っぽ › PW史 › トレーニング・レッスン › すそ野を 広げる

2017年12月19日

すそ野を 広げる

20年ほど前でしょうか
猫が 2頭いる我が家に
犬を迎えようと 決めてから
私の 学びは 始まりました

やりはじめたら はまり
動物行動学の セミナーから
始まり
訓練所をのぞき
動物愛護センターまで
学びが止まらない私でしたが
その頃の 新聞の記事は
「犬猫の殺処分 64万頭」
60万頭 超えしていた記憶があり
新聞の切りぬきを しばらく持って
動いていました

その頃の福岡は 殺処分ワースト1で
その頃学んでいた獣医さんから
「すそ野を広げる」 と聞きました
棄てる飼い主さん
放浪させ探さない飼い主さんに
意識を集中するよりも
「よい飼い主さんを増やす」という意味で
「すそ野を増やす」
マナーの良い人 最期まで愛情豊かに
動物と暮らせる飼い主さんを増やして
考えの浅い人を少数派にして
社会全体を変えていく✨
たいへん感銘を受け
JAHAのインストラクターを目指し
教室をたちあげ 努力をしてきた
「今」があります

時代は変わり 処分数は減り
しかし まだまだ 苦しむ人や犬は多く
楽しい 保育園やトレーニングを
発信する私は たびたび現実に苦しむ方々に
「うらやましいです」
と 言葉をいただきます
たいへん 心が痛みます
「わかります」
「だけど ほんとには わかりません」
だけど スタートは
あなたと同じだったかも知れません

この楽しい 教室の「今」さえも
私と森が 考え苦闘して 現実と戦ってきた
「今」です
あれから 長い時間が たちました

犬と しあわせになる 努力をする飼い主さん
求めて 学ぶ方
「教育とは 種まき」と
常日頃 考えていますが
思いもよらぬ 花が開くことがあり
美しい 飼い主さんと わんちゃんに
出会えたことに 感動が隠せないときがあります



しばいぬさんの ママさんは
春に赤ちゃんが 産まれます
今回の 依頼は
産まれてくる赤ちゃんと
わんちゃんを仲良くしたい というもの

スゴい⤴️⤴️
単純な フクシマは感動
同じ 保育園の 赤ちゃんがおられる
ママさんからご協力を いただきます
美しく 和やかな 構図でしょう❓

ここに至るまで
いくつかのステップと
条件があります❤️



赤ちゃんが 見つめています
赤ちゃんと わんちゃんに
愛のオキシトシンが 産まれてるでしょうか❓

オキシトシンについては
当教室の 1月20日のセミナーを
受講してくださいね❤️



さて
わんちゃんも 落ち着いている
赤ちゃんも好意的
という 条件のもと
ご挨拶を 試みます



本来なら
赤ちゃんに「ちゅっ」って
させない方がいいですが
この場合
赤ちゃんのおうちには
大きなラブラドールがいる=慣れてる
わんちゃんのおうちには
お子さんがいる=慣れてる
という 条件のもと

わんちゃんの赤ちゃんへの
対応を 見させていただきました

うん❤️大丈夫
好意的‼️
うまくやれそう



さあ
赤ちゃんのママさんにも ご挨拶
「赤ちゃんに ちゅ させてもらったよ」
うーん ママさん
聖母の 笑顔ですね

女性が一番美しい時?
ウットリ❤️



赤ちゃんにも
よい経験で終われるように配慮
ママさんと仲良くするところを
「見せる」ことで
さっきの 「ちゅ」を
不快で終わらないように

大丈夫ですね
天使のような ほほえみ

私たちは この無垢な心を
汚さないように 努力したい



良い未来にむかって
次なる努力

しあわせへの努力 美しいママさんに
学ばせてもらいました

教育は種まき
しかし 伝えたつもりで
育ったかたから 学びます
魂への 敬意
理想の教育です

有り難う ございます
すそ野は 広がっています



同じカテゴリー(PW史)の記事画像
もぉりくん
2018年 新体制 ご挨拶
猫自慢
「絆」第16号 作成開始
2018年 戌年    ③
2018年 戌年   ②
同じカテゴリー(PW史)の記事
 もぉりくん (2018-04-15 21:29)
 2018年 新体制 ご挨拶 (2018-04-11 21:21)
 猫自慢 (2018-02-13 00:49)
 「絆」第16号 作成開始 (2018-01-07 19:54)
 2018年 戌年 ③ (2018-01-01 00:02)
 2018年 戌年 ② (2018-01-01 00:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。