› 風と尾っぽ › PW史 › PW誕生前②

2016年10月02日

PW誕生前②

うそごとの「楽しさ」論にスイッチがはいった
わたし




いま思い出しても スレスレだったなと思うのが
私に疑問のスイッチを入れた体罰主義の「この人」が
もしも、違った言い方で私に体罰のしつけを伝えたら・・・
「命を育てる以上厳しさという側面もありますよ」
とか
「9割はやさしく1割はちゃんと叱る、メリハリを」
とか・・・
そんな表現を使っていたら
「そうなのか?」と少し追随してしまったかも
しれない・・・そういう家庭に育ったから・・・
父は「9ほめて、1叱る」と常々何かのおりに言っていた
かわいがっても、もらったけれど
叩かれたこともあるなあ・・・・しみじみ
父のことは好きだった

しかし、「この人が」
心がすくむような体罰を実行しながら
素人なのに、人に指導しながら
それを「楽しめ」という
矛盾をはらんだこの表現が
私をいまのこの世界に導いたのかも
と、すれば、感謝か?

納得がいかない
ただ それだけで
求めたのかもしれない 納得のいく方法を 
今では もの言えないこのコたちの代弁者なのだと思う
たかが犬
されど犬
小さいものに むけた学びは
そのまま 人間が生きることの課題に
真摯にむきあうときのヒントとなるのだった

しつけ方を求めて
いろいろなところへ行った
サヴァのすけを手に入れる一年前から
セミナーに通いたおしたけれど
やはり、実物でのやりとりなくしては
知識はほんものにはならないと
さとった私

M警察犬訓練所
地域での行事のしつけ方教室
トレーニングの研究グループ
地元の病院でのアニマルセラピーの活動
それから福岡県動物愛護センターのしつけ方教室etc

訓練所のサンディスクールに通っている間は
しつけの勉強をしている仲間には
ずいぶんチクチク言われたけれど
私はここで素晴らしいトレーナーさんと出逢う
彼女は今でも私の尊敬する人だ
M警察犬訓練所は、いわゆる負の強化の道具
=チョークチェーンを使うところだった
私が習ったトレーナーさんはスゴ腕で
あれから18年はたったと思われる今も
あれほど上手にこの道具を使う人は見たことがない。

私はそのスゴ腕の訓練士さんに
「女の人は強制訓練しない方がいいよ」と
言ってもらいながら、他の可能性も探していた
そしてみつけたのが
福岡県動物愛護センターだった
そこでは 犬にとって喜びとなる快刺激を使っての
陽性強化法という理論で育てる方法を
教えていた

獣医さんが
体が心におよぼず影響からお話をする
当たり前のことだけど
犬にも猫にも私たち人間と同じように
体があり、心があり
経験を積み重ねながら
物言えず苦しんでいるという意識が
皆さまありますか?私はそうだといたく納得をし
感動をした そしてもっともっと知りたいと思った

私は 愛護センターの獣医さんに夢中になり
ストーカーのように通い倒したのでした
それがなんと10年を超えたのでした、、、つづき・・・・・


同じカテゴリー(PW史)の記事画像
楽しい って 哲学・・・ (^_-)-☆
影遊び
仲よし     実践❤️
東京大学ゆき
下関市の動物愛護センター
災害時ペット救護人材育成研修セミナー
同じカテゴリー(PW史)の記事
 楽しい って 哲学・・・ (^_-)-☆ (2017-12-01 22:29)
 影遊び (2017-11-26 00:01)
 仲よし 実践❤️ (2017-11-25 22:35)
 東京大学ゆき (2017-10-28 21:04)
 下関市の動物愛護センター (2017-10-21 21:04)
 災害時ペット救護人材育成研修セミナー (2017-10-12 22:51)

Posted by Positive Wind at 10:52│Comments(0)PW史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。