› 風と尾っぽ › 2017年12月21日

2017年12月21日

生きとし 生けるもの

12月15日は 母の 通院日でした

宗像病院には 長く 通い
長く 入院させていただきましたが
良い状態に していただきました
先生 看護士さんたち 有り難うございましたm(__)m

「認知症」は治らないけれど
ご本人の 状態が良い
「しあわせ」そう そこ 大切♪



新しい 母のホームでは
いっしょに お食事をする方と
ずっと いっしょに 車いすを並べて
落ち着いています

仲良しさんで かわいいです



ホームは 古いけれど
素敵な たたずまい
「私も 将来入りたい ところ」

天皇皇后両陛下が ご御行 した翌日に移動
(以前、書いたかも)
病院退院 → 宗像大社参拝 → 新施設入居
この道筋は 
「天皇皇后両陛下が
お通りになったよ~~ 」
と おしゃべりしながら
ご案内
「わあ~~」
と 言いながら 一生懸命 宗像大社で
手をあわせていた母 
いとし いとおし あいらしい



母に会いに行く日
そのホームには
小さな かわいい 心づかいが随所に見え
いろいろな スタッフさんにも お会いしますが
笑顔もすてきで
言葉も 愛情に あふれ

「たくさん 探したけれど
 間違えて なかったなあ~~
 良かった あ~~~~icon97

その後の 新住居での精神状態は
大変 よろしく icon14

ところが 一日だけ 感情が乱れた日があり
という ご報告を 先生にしていましたら

先生「それは いつ?」
わたし「えっと ブログに書いたから」
先生「ブログに 書いてるの」
なんて 会話があったので 
ブログに書くのは 記録になるのね と
「調子乗っちゃって」の 私です

そんなこんなを 先生に報告をして
帰っていると

病院受付で 
入院してた頃の 方とばったり



手を握り合って ずっと
笑いあっていました

ああ かわいい
「本来の母 である」 とは 思いながら・・・

あの苦しみの日々は なんだったんだろう
今でも 姉と話す
ディのお友達とケンカしたり
ヘルパーさん追い返したり
心が痛いことの 数々だった
電話が鳴るたびに
心臓が「ドクドク」していた
あの頃の介護の方々
「プロ」とは言え 
申し訳ございませんでした

ね 
人は いつでも 良い状態ではないから
もしも あなたの 大切な人が
怒りっぽかったり 悲観しやすかったり
しあわせな 状態でなかったら
やはり 健康状態を みてあげてくださいm(__)m
それも 体も 心も・・・・

外に むかって 不穏な音を出すときは
当の ご本人が しあわせでは ないんだよ

ただ ひたすら その命の
幸福を 祈るしか 解決策はなくて・・・・
それは 
この20年の 動物行動学の学びから得た結論です
「生きとし 生けるもの」みな同じ
体と 心の状態を 
その生き物の最善で保つこと
与えられた運命以上に 
心地よい状態であるように 配慮すること

母の 心を 見届けていきたい私です
身のまわりの すべての 生き物の 心の状態に
無神経ではいられない 
私に あたえられた 私の立ち位置

何よりも 自分の心の お世話を
しないとなあ~~ face04

そう 私から出るものは すべて
この世に 影響を与えるでしょう

人生の深い課題ですなっface08

まっ 生き物 バンザイ  icon142





  


Posted by Positive Wind at 19:08Comments(0)介護