› 風と尾っぽ › 2017年10月15日

2017年10月15日

笑顔の魔法

母と暮らした時に 病状が進んで
悲しいことも 苦しいことも あったけれど

やっぱり 笑顔なんだと
気づかされました



自分が どうしてここにいるかも
何をしていいかも わからない
記憶がすぐなくなる
1分前のことも 忘れる

不安で 不安で 仕方ない時に
介護する人の 口角が下がっていると
怒って見える
知らない人だと 不安になる
身内だと 申し訳なくなる



その時に  思いっきり 口角がゆるんでいると
目がやさしいと 
母の口角も ゆるむ
目も おだやかになる

声も お年寄りだからって
ただ大きい声なんてだめ
その人の 心に届く
笑顔の声が あるんだなあって
実感しました



犬も 笑うんでしょうか?
わたしたちからみて そう見えるだけでしょうか?
逆を 考えたら わかります
怒っている時は ハナと口のまわりが
プーって膨らみます
やはり ゆるい顔ってありますね

生きものは みんな 違うけれど
共通点が ある ように 思います
なので 「安心している動物が 人を癒す」
のですよね・・・icon06



最近 あった ちょっとした 行き違いで
私にむけられた 言葉ですが
「ニコニコしていることが ポジティヴじゃないわよ」
って 聞きました

誤解がふたつ
ひとつ
ポジティヴウィンドとは 前向きという意味では
ありません
ゼロ地点に 風がくわわる
なにか 一つ 発想や 良いことが
くわわる そういうお力になりたいと
いう意味です
「正の強化」(褒めるしつけ)からの発想です

ふたつ
私が笑顔でいたいのは
ポジティヴであることを 示したいのではなく
相手への配慮が 大きいように感じます
「私は あなたに 心をひらいています
 安心していただき たいです
 コミニュケーションとりましょう 」

もちろん ホンモノの 真心で
ホンモノの 笑顔でないと 
意味がないのですがね?
なので 自分の心のお世話が必須です



母を看ていての さらに 確信ですが
不安な状態な人 頑張っている状態の人に
開放感を プレゼントする 元気になってもらう



まさに この花束と ともに
心をこめて
笑顔の心が 伝染して
みんな いまより ちょっと 頑張る気持ちがアップしたらicon64
そういう 祈りにも 願いにも
近いかもしれません



認知症の 人ってすごいなあ
母親ってすごいなあ って 感じたのは
嘘ごとの 笑顔は すぐにバレる
どんなに 頑張って 笑っても
「今日疲れてるね」とか「フケたね」とか 笑

それくらい 敏感だし
こどもを 案じている
脱帽 でしたicon134



疲れた時は ちゃんと休みながら
でも それは また 母を
誰かを しあわせに するために

これほど 自分のしあわせと 人のしあわせの
バランスを 考えた 8ケ月はありませんでした

怒りは 伝染する
悲しみは 伝染する
気持ちは すぐに 伝わる
だから こそ
笑顔を 伝えられる わたしであるように
知りたい 深めたい 生きたい

笑顔の魔法を 使いたい
魔法の粉を ばらまきたい

それで 世界を 平和にするんだicon97
動物もいっしょにねicon79






  


Posted by Positive Wind at 18:24Comments(3)介護