› 風と尾っぽ

2016年08月24日

Positive Wind が誕生するまで①

「フクシマさん しつけは 楽しんでやってください」

犬が何か行動を起こしたときに
叩く 叩き方を教えた人
蹴る 蹴るところを見せた人
その人が私に言ったひとこと

衝撃的なセリフ
「楽しくない!!」
それが私の心の叫びだった。




この世の中は傲慢な意見が横行しすぎて
さぞかし犬も困惑をしていることだろう

しつけを 楽しむ
「楽しむ」という言語がある以上
方法は選ばれるのはではないか?

私は言語のとりあつかいについて
敏感な側面がある(オットはもっと敏感)
それは幼少の時からそうだった
印象的な言葉
ショッキングな言葉に支配されてしまう
ずっと考えこんでしまう
こだわってしまう

「この世界」(嫌な言葉だ)
「動物の世界」に入ったときに
いろいろな方面で聞いた
「楽しむ」
いわく「しつけは楽しめ」
いわく「ボランティアは楽しくないとボランティアではない」
確かに一瞬賛同をしてしまう
耳に心地いい言葉
しかし その「楽しさ」の実行には
おそまつなものもあり
首をかしげるものもあるのだった
「耳に心地いい言葉には嘘もひそんでいる
あるいは実行は難しい」

パワーのあるひと
立場の強いひとが
一方的に楽しむ

そこに動物の気持ちはなかった

弱い立場の者からの発信
声を持たないものからの発信
それが私にとっての「動物からみてしあわせな」
トレーニングの実行研究だった

ほんとうに 楽しいって何?
楽しい動物のしつけを自分で見出そうではないか
そこが私のスタートで、それは私が
39才の時だった
学校の社会科教師になることはあきらめた
子供を産むことはあきらめた
まだ PWの協同経営者の森と会うこともなく
孤軍奮闘の学びの始まりだった
  


Posted by Positive Wind at 23:18Comments(0)PW史

2016年07月12日

7月11日



サヴァのすけのお誕生日
不思議な美しい素数
7月11日私を支配する
7月11日♪

サヴァのすけ おめでとう
ゆず 生まれてこい!!
夫が手をあわせて言っていました

そう生まれてこい
もぉりも待ってるよ

なんかいい波動を感じる今日なのでした♪

  


Posted by Positive Wind at 18:13Comments(0)パートナー

2016年07月05日

介護のフルコース




我が母

遠距離での介護
同居での介護
救急搬送
パニック
入院
さていろいろあるもんだ

思っていたら
入院先から骨折しての
転院
あら転院
骨折
やっちまったです
気をつけてきた
骨折
で 認知は進みつつあり
(同居の時の骨折でなくて
良かったのかな・・・・
まあ比べても仕方ないけど)
ほんとうはゆずを看取ったように
母も家で看取る気はまんまんでしたが
やはり人間の重みはそうもいかないのか
ただ本人はすべてが望んでいないことなので
かわいそう感はいなめません

あら
よくかんがえたら
介護のフルコースだわ
と 思えば少し楽しくもあり

フルコースを堪能するならば
前向きに学ぼうとばかりに

せっかくならば
専門学校で教えている
行動分析学の応用が
まだ認知症の介護の中ではそれほど
周知がないようで
ぜひ 前向きに
学ぶために 同志社大学でのセミナーを
受けてくることにしました

帰ってきたら ぜひ お勉強の結果を
お知らせをしようかと
セミナー計画をしますから
わんちゃんを育てながら
親の介護も始まっているという
私と同期あたりのお客様がた
こうご期待♪です♪

入退院やお引越しの混乱の時に
JAHAのおかげさまで学ばせていただいた
アニマルセラピー(お医者さんなし)
もしっかり併用しましたし
動物を正の強化と負の弱化で育てているわが教室のお客様たちには
楽しい応用も満載のお話になるかなあ・・・
  


Posted by Positive Wind at 10:51Comments(0)介護

2016年06月23日

あの日のそら


あの日



あの日
水を味方にした
風を味方にした

土の神様に祈った

深く呼吸をした
この若者の前途が光で包まれますように
大きな背中に祈った
光があらわれ
それは 祈りが終わるまで
その空間をつつんでくれた

神様だったと
私は思っているのです
PWはもうすぐ結成10年をむかえます

県の動物愛護センターで出会わなければ
はじまらなかった代表森竜一との日々
ただひたすら 働いて
多くの協力者に恵まれ
あり がたい
それ以上の言葉がないのです

うまれてよかったです
ありがとう お母さん
  


Posted by Positive Wind at 20:05Comments(0)PW史

2016年06月08日

ふわふわ 尾っぽ



ふわふわ尾っぽ
神様からいだたいた
背中で
くるくる
ふわふわ
揺れるとき
それは
パパとの楽しいデイト

その尾っぽは
たいてい
上向きに巻いている
背中でくるくる
カタツムリを
描く
そして
人間の女の子の
縁日のゆかたのちょうちょ結びのように
しあわせを振りまいて
揺れるんだ



ママの笑顔を見ると
くるんくるん
いつもより華やかに

見えないけれど
金色のシアワセの粉が
世界中にあふれるんだよ

生まれる前に
神様にいわれたの
キミには特別
ふわふわのよくまわる
金色の尾っぽをあげるから
正直でいていいんだよ
思いのままを尾っぽで表現するんだ
そして楽しいことは楽しいと
伝えるんだ
パパとママと世界中に
幸福の種を蒔くんだよ



だから
アタシがこの自慢の尾っぽを
後ろ足のあいだに隠してしまうのは
よっぽどなのよ
神様に申し訳ない
残念な気持ちなの
とても大切な宝物を
恐いことから守るのよ



*今日の雨の日のお父さんと柴犬さんのお散歩をみて
妄想した詩です。
尾っぽについての妄想を、私は常にしています。
保育園でわんたちと触れ合うときに
「いいねぇこの尾っぽ神様がくれたとよね~~」
などと。。。。。
詩にまとめたのは初めてです。今日出来たてのほやほやでした。

犬のしつけ方教室・犬の保育園 Positive Wind
インストラクター 福島みゆき
  


Posted by Positive Wind at 18:33Comments(3)

2016年05月29日

我が家と世界平和

私がオバマさんの広島訪問の一時間弱を見て
歴史の中に生きる自分に浸っているとき
我が家の動物たちはこのような有り様でした
なんと 平和なことでしょう




フクシマ家
種の異なる 動物が複数共存し
上下関係
主従関係
そんなのはいっさいない暮らしです
お互いが
お互いにとって脅威にならないように
社会性を中心に育て
私もオットも彼らの「上」になることはありません
ただひたすら
それぞれの習性や個性を鑑み「よい保護者」となり
かわいがってのこの関係です

さて
オバマさん



短い時間でしたが
命がけでおいでいただきました
有り 難い
また 日本人たち
お行儀が 良い
有り 難し

メモ
バラク・オバマ
「シンプルな英知・
科学の脅威を、人類を抹殺するのではなく、

もっと人生を豊かにすることに役立てるべき」

「広島がそして長崎が
核戦争の夜明けではなく
私たちの道義的な目覚めの始まりであるべき」

言葉を持つ人・哲学がある人は素晴らしい
人々の心の中に希望の種を蒔くことをできる

メモ
マハトマ・ガンジー
「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における
動物の扱い方で判る」

「あなた自身が この世で見たいと思う変化に
 あなた自身が なりなさい」

私たちは 歴史の中に 生きています
 
  


Posted by Positive Wind at 19:57Comments(0)

2016年05月27日

5月27日

私の父が生まれた日
この日、広島にオバマさんがやってくる
なんという偶然
必然?
なんだかわからないけど
すごいことだなあ

私も広島に行こうかな?
行って、オバマさんみようかな
と、思ったけれど
あぶない(?)からやめました

父は広島の育ちです
原爆が落ちたときは
海軍の兵隊さんで
上官から教えを受けているときに原爆が落ちて
広島の街に立ち上るキノコ雲を見たといいます
その後
衛生兵(看護兵?)として
広島市街に入ったということです

父から伝え聞く
もろもろの話を 聞き流しては
もったいなく思い
私が大学生の頃に
社会科の教職課程をとっていたこともあり
改めて話してもらい ノートに記録した覚えがあります
けれど そのノートはどこにいったかわからないまま
父は亡くなり 10年になります
父が亡くなったのは 私の誕生日の前日
よって 父のお葬式は私の誕生日でした

偶然か必然か
ちっとも
わかりませんが
この数字の一致の不思議

父が原爆の悲惨を目の当たりにしたのは
はたち
まだ若い兵隊さんでした

その後
父は船乗りとして
世界の海をはしり
たくさんの不思議な楽しい話をしてくれましたが
この原爆の話をするときは
地獄というのは現実にあるということと
夜中に血を流したけが人が「兵隊さん」と起こしに
くるのが本当に怖かったとか
あの時にたくさんのけが人の手当てに
せいいっぱいあたったことで
今まで無事に航海ができた
何かに守られているような話をしていました
(原爆の被害に実際あった人には
神も仏もないのでしょうが・・・・)

父が亡くなった日
母が言いました
しらない外国の海で
死んでしまって死体もあがらないという
ことも何度も想像してきたけど
陸の上で
私の前で亡くなったねと

原爆でおおきな被害をうけたわけでは
ありませんが
小さい時から聞いてきた
原爆の話は私の中では絵空事ではなく
ずっと頭にひっかかり生活してきました

根源的には
人間は頭が良いのか悪いのかわからない存在
核分裂をするときに、大きなエネルギーを発することを
発見したとして
それを平和利用するか戦争での利用をするかで
人間の種のわかれるところ
平和利用したとして人間にとって
良いことばかりではないのですが・・・

犬のトレーニングをするとしても
オペラント条件付けを知ったとしても
正の強化(快刺激)を使ってトレーニングするか
負の強化(嫌悪刺激)を使ってトレーニングするか
人間の心の在り方のわかれるところ

たとえ 正の強化を使ってトレーニングしても
その犬に爆弾を運ばせて 人を殺すために使うのは
またまた 人の魂の在り方を問うところ

人間って何なのでしょう
人はどこからきてどこへいくのか
社会科の根源的なテーマなのですが

安部さんがいろいろいっています
ミヤネさんがいろいろいっています
有識者がなんのかんの語ります
オバマさんはいまから語るのかな

人や国家や今現在の社会の批判で終わっても
しかたがないので
すべての情報は私の頭の中を流れていきますが
良い社会の実現を目指すためには
自分の心や魂を浄化して自分の生き方を問い直すことなのかなあ
と感じながら
とりあえずこの偶然の一致の歴史を
見守っている今日です
まずは みましょう

難しすぎて簡単には語れませんが
武器がない世界
争いがない世界
その実現のためには
人間ひとりひとりが心に刃を持たないことかと
心に刃を持たないためには 自身が生まれてきた
魂の課題にきちんとむきあうしかないのかなあ

とにかく
批判なく
すべてを
見ましょう
あるがまま素直に
  


Posted by Positive Wind at 14:50Comments(3)

2016年04月13日

生きていくって大変だねぇ

現在、要介護3の母を引き取って介護生活に入っています
たいていは ごきげんのいい かわいい認知ですが
ときどき 感情がたかぶって失敗してしまうことがあります
あくまでも本人的に失敗なんでしょうが

その時に凹んだ母が 私にいうひとこと

もう死にたい
お父さんがむかえに来ない
というのもよく言いますが

へとへとになって疲れて
ベッドに寝込んで
「まあ みゆきちゃん 生きていくって大変だねえ」

なんか かわいいですよ
笑ってしまいます
「ほんとだねえ」
「生きていくのは大変だね」
そうこたえながら 母の福祉を考えます
何が 母にとって しあわせなのか

いま 私が母にできることは
母が苦労しない 良い医療と 良い環境を
プレゼントすることだと わかりました。

それは いままで ずっと 
動物のために 勉強をしてきたこと

物言わぬ 生きとし生きるもののために
心をくだいて 努力をしていると
自分自身の人生に 思わぬプレゼントをもらうんだなあ
・・・・・・




ということで
今年の福岡県獣医師会から発行された
「絆」14号は
動物の介護や看取りもテーマになっていますので
どうぞ お手にとって読まれてください
動物愛護センター・保健福祉環境事務所・動物病院等にも
おいてありますが
当教室にもおいてあります 一声お声掛けくださいませ
ポジティヴウィンドのインストラクターの二人が
14年間かかわっています。
  


Posted by Positive Wind at 15:13Comments(0)介護

2016年03月28日

サヴァのすけ⓵




わが教室の神。サヴァのすけ。
教室の窓にも貼っている、ゴールデンの姿は
彼の写真をもとに 私が絵におこしたものです。

思えば彼がスタートだった、この教室の哲学から
ノウハウから、何から何まで。

私の犬のイラストも私の犬のトレーニングも
サヴァのすけから始まりました。

私の修行の始まりで 研究対象だった
思えば一番いろいろな被害を受けたのかなあ。
今思えば、かわいそうなことの数々だった。

彼が神戸でのドッグトレーニングテストに
合格してから、私がこの道を歩くことが現実的に
なったのだと思います。

亡くなる前年までドッグトレーニングテストに
つきあってくれた。
兵庫まで行ったなあ。車内の後ろのシートで
ウンザリした顔で寝そべっていた姿、いまでも
思い出します。
テストなんかに合格しなくとも
気性のいい犬だったのにねえ。
ぽわあんとした犬だったなあ。
生涯、数回だけうなったり吠えたりしたかなあ。
だから、私は彼のうなりも吠えも信じて、
彼の言う通り、不審者からは、距離をあけました。
ボディガードもしてもらったんだなあ。
あんな、いい性格だったのに。

なのに、老人保健施設に連れて行ったり
動物愛護センターに連れて行ったり
神戸までドッグトレーニングテストに連れて行ったり
いっぱい、いっぱいのお勉強に付き合ってもらったんだよね。
いるだけで、宝物なのに、
教室の神にまでもちあげちゃって、ごめんなさい。
ありがとう
でも、私の思惑なんてなんのそので
きっと今も、ぽわあんって顔をして、あの場所にいて
みんなを待っててくれてるんだよね。

そういうとこが 神かな
いとおしい サヴァのすけ 
キミのことも 語らせてね
  


Posted by Positive Wind at 12:13Comments(2)PW史

2016年03月20日

「めとめがあう」

めとめがあう
言葉じゃない なにかが伝わる
あなたが わたしの名前を呼ぶ なんてうきうきする

あなたの言葉は いつも 魔法のように
私の尾っぽを おどらせる
あなたの声と しぐさに
楽しい気分で 体がこたえてしまう

あなたの手は けして 私を傷つけない
あなたは いつも わたしに よい時間をくれる
だから 時々 ひとりでも おとなしく待てるのです
あなたが ちからない時 よりそいたいと思うのです

当教室に レッスンにかよう わんちゃんたちから
飼い主さんをどう思うか アンケートをとってみました

犬と よい 関係を つくる トレーニング
社会の中で 平和にとけこめる しつけ

どうぞ 一度 のぞいてみてください      作・福島みゆき



しつけ方教室開設当初、リーフレットに載せていた詩です。
詩作は、高校生の頃に始めました。
ノートにはびっしり文字が書きつけてあり、それは
10数冊あったように記憶しています。いまそれがどこにあるかは
わかりません。(恐いことに)
そのころの私に、一番影響を与えた友人は、
交換ノートのようなものをすると、かなり質の高い小説を書いて
よこすような女性で、筒井康隆さんの本を彼女の影響で集めた記憶が
あります。
今の旦那様と結婚した時、彼の本棚と私の本棚で、筒井康隆さんの本が
かなりかぶっていた時の嬉しさはありませんでしたっけ。
筒井康隆さんは「詩」とはまた違う、心の別格の場所にいますので
その話はまた、するとして、筒井康隆さんに出会った頃に、
詩作にも「はまった」ということかな・・・・・。
17歳の頃の「詩」は恥ずかしくて、表には出せないものばかりですが
このお仕事を始めて、動物の気持ちを人に伝えるときに
変に感情的でなく、けれどほんのり情感は伝わる、手段として、
「詩」という形を選びました。
動物病院の新聞や、教室のリーフレットや、福岡県獣医師会で出している
「絆」という冊子に載せています。
これらを、記録としてまとめていきたいと思っています。

今回のこの詩は「正の強化」と「負の弱化」の組み合わせによるトレーニングを
応用するしつけの方法を人に伝えるときに、どうやったら丸く表現できるかと
考え作ったものです。リーフレットにのせたので、最後のおさまりが
商売っぽいですが、入りが気に入っています。

「めとめがあう」本来、慣れていない動物の目をじっとみつめるのは
いけないことなんですが、人と犬との良い関係を作るときの第1歩
として、めとめがあうことに、「脅威」ではなく「信頼」を育てる。
絆をつくる第1歩として、伝えたくてこうなったかと思います。
人間関係も同じでしょうが。。。。。。
  


Posted by Positive Wind at 08:05Comments(0)